セヤナーを虐めたりいじめたりイジめたりしたい

ここではセヤナーに関する設定を掲載しています。創作、妄想のお供に。

※注意
ここに書かれている設定はほんの一例です。
あくまでも創作の手助けとしてのものであり、設定を押し付けるというものではありません。
セヤナーは多様性の生物です。虐待しやすそうな個体を考えてみましょう。


  • 形態


  • 分布
基本的に温暖で湿潤な気候を好む。
だが、その環境適応能力の高さから大抵の気候には適応できるので、ほぼ世界中に生息すると考えられている。
その可住領域は地上にとどまらず、水中や地中、果ては活火山の溶岩の中に棲む個体すら確認されている。


雑食。動植物問わず、口に入るものなら何でも食料とする。
それどころか、金属やプラスチック、少量であれば工業廃水や放射性物質まで消化吸収する個体すら存在する。
なお、食べることが出来るとはいえ口腔内が頑丈であるわけではないので、
針のように尖ったものを飲めば痛がるし、爆発物を食べさせて爆破すれば内側から弾けることになる。
エビフライやチョコレートなどが主食であると誤解されることが多いが、
自然界でこれらを食べることができるセヤナーは極々少数派である。


  • 繁殖
多様な繁殖形態を持ち、その時々で適した方法を用いて繁殖を行う。
この為、現在までに発見されている繁殖方法が全てであると言い難く、さらなる研究が求められる分野の一つである。
現在までに発見されている方法には、有性生殖、分裂、感染の3種類がある。
有性生殖では同じセヤナー同士のほかに、ダヨネーとの生殖も確認されている。


  • 亜種
セヤナーはその環境適応能力の高さから、様々な地域で発見されている。
それらの中には厳しい環境に適応するため、他の地域のセヤナーには見られない特異な進化を遂げたものがしばしば見られる。
これらを総称し、亜種と分類する。
例として、水中での生活に特化した水棲セヤナーが挙げられる。
水中呼吸、水泳能力、ヒレや尾の作成など、原種には見られない能力を有していることが確認できる。
もっともメジャーな亜種としてダヨネーが挙げられることがあるが、ダヨネーは亜種ではなく別種であるとの意見もあり研究は途上である。


  • etc

リンク集

リンク集

メンバーのみ編集できます